Lorem ipsum dolor

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.

Read more

Everti Constituam

Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat.

Read more

Id Essent Cetero

Quodsi docendi sed id. Ea eam quod aliquam epicurei, qui tollit inimicus partiendo cu ei. Nisl consul expetendis at duo, mea ea ceteros constituam.

Read more

基本的生活で健康になる

生活の乱れは積もり積もって様々な不調となり、表面に現れてきます。何となく体がだるい、気分が沈むなどなど。そんな症状が出てきたら、出てくる前に私が気をつけていることを紹介しましょう。
まずは、太陽の光を浴びながら軽い運動をしています。紫外線が気になると言って出来るだけ日光に当たらないようにしている方も多いと思いますが、日光に当たることでセロトニンというホルモンが分泌されます。これは体のリズムを調えるホルモン。食べることや眠ることのリズム調節に役だっています。例えばですが、最近ではうつ気味の人は太陽光を浴びて運動をすることで気分が改善されていくと言う説も出ています。当たり過ぎは毒ですが、朝の光を感じながらのウォーキングやヨガは、まだ目覚めない体のスイッチをONにしてあげるのに有効です。
そして3食抜かずにバランスよく食べること。特に朝の食事抜きは体に必要な栄養が補給されず、体が目覚めない状態のまま昼まで過ごす事になってしまいます。当然お腹もすきますし、昨晩からまったく栄養が来ていないのだから体は飢餓状態に。結果、体が栄養を脂肪としてめ込もうと反応してしまいます。食事を抜くのは、脳へのエネルギー不足と太りやすい原因となってしまいます。

食事の内容としては、ご飯などの炭水化物を控えてお肉や豆腐などのタンパク質を多めに取るよう心がけています。難しく言ってしまいましたが、ご飯をちょっと減らしておかず、満足感のために汁物をつけているくらいです。特に炭水化物に含まれる糖はご飯で取らなくとも、主食系の小麦製品、芋類、砂糖、スナック菓子などにどんどん入っているもの。摂り過ぎると肥満や糖尿の予備軍としてたまっていきます。チョコレートなどの甘いものを食べると元気が出る!とよく言われますよね。けれどそれは血糖値が一時的に急上昇して気分が高揚しているだけ。インスリンというホルモンが「血糖値が上がりすぎている」と感知して血糖値を下げていくので、気分はまたすぐに下がります。炭水化物で血糖値を上げ下げしていると何となくだるい気分が抜けな抜けなくなってしまうのです。
新しく「体にいい」と言われることがあれば、まずは試してみます。けれど根本にあるのは、睡眠、食事、運動。そこから整った体を整えていけば、疲れやストレスにも負けない毎日を過ごせるのではないでしょうか。

ここ最近では肝機能の数値があまりよくないので肝機能を改善させるために食事にも気を付けて、サプリメントも摂るようにしました。しじみ習慣っていうサプリメントで、時間のある時に簡単に摂ることができるので毎日続けやすいです。

参照:http://xn--30r787a7zdz31a0na.com/

逆流性食道炎になったこともあり、健康面で特に気を付けるようになりましたね。逆流性食道炎は、食事内容が欧米化したこととかタバコを飲む事・アルコールの常飲・日々の暮らしの質が低下したことによる肥満、ストレスなどを理由に、現在日本人にたくさん発症している病気だということは間違いありません。

日本に多いとはいえ自分がなってしまうととても辛かったですね。

 

株式会社日本保証 事業者ローン

個人事業をしていると資金繰りで困ったり、事業を立ち上げるための費用が必要だったりと何かと資金が必要となりますよね。他、一時的なつなぎの建て替え資金が必要、集金のズレによる支払い困難、投資など、いろいろな場面でお金は必要となってきます。
そんなとき、会社や個人に資金があれば支払うことができますが、資金が足りなかったり、貯蓄がなかったりとなるとお金を借りるしかありません。
そんな時に便利なのが日本保証というところの事業者向けローン(エール500)なのです。
日本保証とは、事業性資金を融資してくれ、原則担保や保証人は不要(審査の結果必要となる場合もあります)、必要書類は本人確認できるもの、決算書等に関する資料、商業登記簿膳本(法人の場合)、印鑑証明と実印になります。
日本保証の利息は年9.8~18%、返済期間は1~60か月となっています。最大融資額は500万円です。
WEBでの申し込みも可能です。電話での申し込みはや質問は、TEL0570-064058、平日の9時~18時までです。
取引の流れとしては、WEBで申し込み、日本保証からの連絡、審査、契約、融資という風になっています。
日本保証が選ばれる理由として、事業資金、開業資金、運転資金やその他の急な出費など、さまざまなシーンのニーズに合った商品を紹介、提供してくれるのです。また、私たちへの連絡の際、やはりバレたくないっていう方も多いので、株式会社日本保証という社名を使用した連絡は基本来ない様になっています。必要となれば会社名でのお電話も可能です。
公式サイト上で返済シュミレーションもできるようになっているので、毎月の返済で無理のない程度の借入をしてください。借りた→返済不可能→他社で借入なんてことになった信用問題にもなりますから。
事業をしているとお金に困ることは当たりまえの様にあると思います。そんな時、日本保証のような事業者ローンを貸してもらえるところを利用して乗り切ることがこれからも事業を続けて行くことに繋がります。
日本保証以外からの借入をしている件数が多い場合ローンをまた組めるのかどうかという不安のある事業主さんもおられると思いますが、借入をすることは可能となっています。もちろん相談してからですが・・・

日本保証以外にも事業者ローンを提供してくれている会社もありますので参考にしてみてくだいね。
↓↓↓
事業者ローン

 

 

 

 

お金にルーズな性格で貯金ができない

貯金は全くできていません。貯金できた試しがありません。

39歳ですが1度も貯金したことがありません。

貯金の仕方が分からないので誰かに教えてほしいくらいです。お金にルーズな事は倹約家の友達と比べると分かります。友達は自宅に遊びに来る際、自分の飲み物だけを買ってきますが、私は友達の家に行く時はあれもこれもと金額を考えずに買ってしまいます。36歳までは借金があったので貯金できない理由も分かりますが、借金がない今でもなぜか貯金ができていません。その借金というのは、私は母親に育てられ、ものすごく貧乏でした。そんな中大学に進学したくて、でも入学金や学費をすべて支払う余裕は母にはなく、母が学費ローンを組んで進学をさせてくれたのですが、母も身体を怖し、母一人が生活するのがやっとになってしまったため、私が組んだローンの返済をしていくことになったのです。数百万円ありました。。。結婚をする時主人はこのことを知っていました。必死に返済をしてやっと借金から解放されたのです。

借金の過払い金請求で60万円戻ってきたので、仕事をやめても夫の給料だけで生活していけるだろうと仕事をやめたものの、1年あまりで使ってしまいました。計算だと3年くらいは仕事を仕事をしなくても良いはずだったのに計算が狂ってしまいました。

節約は常に意識しているつもりです。食料は買う前に悩んで金額を計算しながら買っていますし、衣類はほとんど買っていません。しかし、いつも頭に浮かんでいる金額よりも少し多めに買ってしまいます。親や親せきから食料を貰う事もありますし、貯金はできていてもいいはずなのにできていません。お金を使っているつもりはありませんが、目に見えない出費がとても多いです。

母に「お前は我慢を知らない。」と言われますが、自分では我慢しているつもりです。子供が小学3年生になるまで仕事をしないつもりだったのに、お金が底をついてしまったので仕事を探さなければいけません。残金が5万円になってしまいました。思い返せばもう少し貯金ができていたのではないかと後悔が募ります。

面倒臭がりで家計簿は1度もつけたことがないですが、家計簿をつけてお金の管理を細かくしたほうが貯金ができるのでしょうか。これから子供にもたくさんお金が掛かってくるので自分で学費を払って大変だったような思いを我が子にはさせたくないので今からでも少しずつでも貯金ができるようにしたいです。

 

子供の為のお金の悩み。

我が家は3人家族で一歳児の子供が居ます。私は専業主婦なので収入はありません。

私のお金の悩みは言い出したらキリがないのですがその中で今一番気にしてる物は息子のこれから、将来のお金についてです。

まだ一歳児ということで保育園等には通わせてないのですが、これから保育園、小学校、中学校高校と進学希望なら大学等も通わせてあげたいしやりたい習い事があるなら積極的にやらせたいのが理想です。

しかし現実はまだ学資にも入れておらず貯金も引越しやその他諸々で消えていきなかなかためれていない状況です。
私と旦那との考え方が、私は将来に不安がないように貯蓄をしたいタイプですが、旦那は今が楽しければいいタイプであまりそういう話には興味を示しません。

かといってこのままでは息子にあるかもしれない可能性を広げてあげることができないんじゃないかとそれが今一番の悩みです。

例えば小学校に上がったらランドセルや学習机に勉強道具、部活を始めたら内容によっては結構な高額な物が必要だったりとかかるお金はこれだけあれば安心とかはないと思うのです。

じゃあ貯金をすればいい話なのですが家計のやりくりが下手なのか、月の給料は一般家庭ぐらいで支払いをしていくと貯金までしていく余裕がなかなかでません。

息子のためにももっともっと節約を頑張ってまずは、学資保険に加入してプラス貯金もできるようになりたいです。

そして我が家の家族計画はもう一人 欲しいと思っています。となるともう一人分の余裕がないとなかなかそれも実現が難しくなってきます。

子供には我慢をあまりさせたくないしのびのび育って欲しいので
貯金ができていない状況に日々悩んでおります。

私も落ちついたら働きにでようとは思うので、貯金ができるといいのですが。